colorful pills on white background

副作用は起こりにくい

a man is stress

もしあなたが頻繁に性行為をする機会があるなら、服用する回数も多いと思いますし、体に悪影響は出ないかと心配になりますよね。
でも大丈夫です。シアリスは他のED治療薬と比べても体には負担がかかりにくくなっています。
何故そうなっているのかといえば、シアリスはバイアグラやレビトラのように即効性がないためです。
その代わりに服用すればゆっくりと体の中に浸透していきますので、その分体に余計な負担がかかりません。
最近発見されたデータによると、シアリスの成分であるタダラフィルには排尿障害に効果があり、
残尿感がなくなってキレが良くなるということや、血管年齢を若く保つ効果があるというメリットもあるようです。
何だか無敵のように思えますが、シアリスを服用することで3割程度の人に副作用が起こることがあります。
起こりやすい副作用といえば頭痛、顔のほてり、消化不良などです。
人によっては背中の痛みや筋肉痛、めまい、鼻づまり、下痢が起こることもあります。
しかし基本的にはどれも軽度のものばかりで、あまり身体に影響はありません。
すぐに治まるようであれば何も心配ありませんが、異常だと感じたらすぐに服用をやめるようにしましょう。
シアリスは通常成人の場合、初めてなら1日1回10mg、十分に効果が得られない場合は20mgを上限として服用します。
腎障害のある人は5mg、中程度の腎障害のある人は上限を10mgとして、これを超えてはいけません。
その場合、次に服用するのは48時間以上たってからにして下さいね。
なお、重度の腎障害のある人は5mgを超えてはいけません。
こういった用法・用量をきちんと守ることで副作用も軽減されると思いますよ。